ブログ ブログ

年別で選ぶ
2020/02/21

注文住宅の窓について岩手の業者が解説します!

「注文住宅で部屋の作りに合う窓の選び方について知りたい。」
「注文住宅の窓選びの失敗例について知りたい。」
このように、注文住宅の窓のデザインや内装との合わせ方について悩まれている方が多くいらっしゃると思います。
そこで今回は、注文住宅の窓について岩手県の業者が解説します。

 

□自分の住宅に合った窓を選ぶにはどうしたら良いのか?

 

注文住宅を購入する時には窓選びで悩まれる方が多くいらっしゃると思います。
注文住宅の窓は間取り、内装、デザインなど様々な項目を考慮することが必要です。
基本的に注文住宅で窓を設置する時には守るべきルールがあります。
そこで窓の設置で意識するべきルールについて紹介していきます。

注文住宅で窓を設置する時には部屋の2カ所以上に設置するようにしましょう。
窓は1つしか設置していないと風の通り道が無くなってしまい、窓から風が入ってきても出ていく窓がないため部屋の風通りが悪くなってしまいます。
風の通り道を意識しないと夏場に空気がこもって暑くなってしまうことや、調理して空気を入れ替えたい時にも風が通らず匂いがこもってしまうことがあります。
快適な部屋にするためにも風通しを意識した窓の配置を考えましょう。

窓の個数は風の通り道を考えながら決められますが、配置する場所はどこにしたら良いのでしょうか?
窓には風を確保する以外にも日光を確保して部屋を明るくする効果もあります。
そのため、窓はちょうどよい具合に日光を確保できるような場所に設置することが必要です。
そこで窓を設置すべき場所について紹介します。

窓を設置する場所の候補として住宅の東側があります。
住宅の東側に窓を設置すると朝の時間帯に朝日を部屋に取り入れられるでしょう。
朝に日光を浴びると人間は目を覚まして活動を開始できます。
目覚めが悪い人は東側に大きな窓を設置して、日光の力で目を覚ましましょう。

最上階に小窓を設置する方法もあります。
近年最上階の部分にロフトを設置する人が増えています。
しかし、ロフト部分は住宅の上部になるため、どうしても熱がたまってしまって、夏場は特に暑くなってしまうでしょう。
そこで、天井部分に窓を設置して住宅にこもった熱を外で出せるようにしておくと良いと思います。

 

□窓を設置する時のポイントとは?

 

窓を注文住宅に設置する時には注意しなければならないポイントがあります。

まず、先ほど窓を設置する時には設置する方角や個数を意識するべきだと解説しましたが、さらに外からの視線にも意識することが必要です。
風通しや日当たりを意識した結果、道路からリビングが丸見えの住宅になってしまったら快適に過ごせないと思います。
つまり、風通しや日当たりを考えた後に、外から見えないようにするにはどのようにしたら良いのか考える必要があります。

外から見えなくする方法として、窓の前に庭のようなスペースがある場合は木や花のような植物を植える方法があります。
しかし、木の種類は注意しなければなりません。
冬場になった時に葉が落ちてしまって、目隠しできるのが木の枝のみになってしまうと目隠しの機能を失ってしまいます。

木や花のように植物を植えるスペースがない場合には外から見えないタイプの窓を設置することをオススメします。
外から見えないガラスは室内に人がいるのかすらわからないので、犯罪防止にも繋がるでしょう。
夏場の強い日差しもある程度反射させて室内に取り込まない働きがあるので、目隠し以外の効果も期待できます。

 

□注文住宅の窓選びの失敗例とは?

 

注文住宅の窓を選ぶ時に具体的な失敗例からどのような窓を設置するべきか決めたい人のために、窓を設置する時の失敗例について紹介します。

1つ目は設置する窓の個数を考えずに住宅を建ててしまった場合です。
設置する窓の個数が少ないと住宅の風通りが悪くなって夏場の部屋が暑くなってしまいます。
反対に窓を多く設置してしまうと、室内の熱を外に逃がしてしまうため、室内が寒くなってしまいます。
住む予定の地域の年間の気候に合わせて最適な窓を設置するようにしましょう。

2つ目は費用面を優先してしまって、機能付きの最新の窓にしなかった場合です。
窓には遮熱効果や断熱効果が施されているタイプがあります。
特に寒い地域で最新の窓ではなく通常の窓にしてしまったことにより、窓から冷気が侵入してしまって、室内が冷えて困っていると言う失敗例があります。
住宅に機能付きの窓を設置するべきか担当者を相談して、後悔のないようにしましょう。

3つ目はデザイン面を意識して突起付きの窓にしてしまった時です。
一見デザイン性に優れていて良い窓に見えますが、突起が多いと掃除をする時に苦労することになります。

 

□まとめ

 

今回は、注文住宅の窓について岩手県の業者が解説しました。
今回の記事を参考に、納得のいく窓を選択できるようにしましょう。
注文住宅についてのご相談はぜひ当社までお問い合わせください。