ブログ ブログ

年別で選ぶ
2020/01/21

岩手県で注文住宅を考えている方必見!フローリングの種類を紹介します

岩手県で注文住宅をお考えの方はいませんか?
「注文住宅を考えているけど、どんなフローリングにしたら良いだろう」
「フローリングに使用される素材によって、どのような違いがあるかを知りたい。」
このように、注文住宅を購入したいけれど、フローリングを何にしたら良いかわからないという方が多くいらっしゃると思います。
そこで今回は、注文住宅におけるフローリングの種類を紹介したいと思います。

□フローリングの素材

今回は、一般的にフローリングに使用される素材を3つ紹介します。
具体的には、 無垢フローリング・複合フローリング・クッションフロアの3種類です。
どのような床材にするか考える時は、ぜひ参考にしてください。

*無垢フローリング

無垢材は丸太から切り出した自然な状態の木材のことを指します。
無垢材には、調湿機能があり、湿度が高い時は無垢材が湿気を吸ってくれます。
逆に湿度が低い時は湿気を吐き出してくれるため、夏場も冬場も比較的快適に過ごせるでしょう。
また、無垢材特有の特徴として、経年変化を楽しめるという点が挙げられます。
月日が経つごとに、色合いが変化し愛着がわくでしょう。
無垢フローリングは、木目や天然の風合いが特徴です。
ブナやサクラなどの広葉樹やスギやヒノキなどの針葉樹がよく使われていて、肌触りの良さが魅力です。
冬場の寒い時期にも無垢材は冷えすぎないため、裸足で過ごしたい方や足元を冷やしたくない方におすすめです。
ただ、無垢フローリングは自然素材なので、気温の変化や湿度の変化で伸縮が起きる可能性があります。
また、反りや割れが生じる場合もあることを知っておくと良いでしょう。

*複合フローリング

複合フローリングは、無垢フローリングより一般的に床材として使用されています。
複合フローリングは薄い合板を重ねてその表面に化粧シートを貼った床材です。
化粧シートには、木目模様など様々なデザインが印刷できるので、自分で工夫することで自分好みにデザインされた部屋を作れます。
複合フローリングには、膨張や伸縮が少ないという特徴があります。
また割れや反りが起こりにくいことも、メリットと言えるでしょう。
キズが付きにくいという特徴もあるため、住宅の様々な場所に使用できます。
複合フローリングの中には、床暖房に使える物もあるため、床暖房の導入を検討している方におすすめです。

*クッションフロア

クッションフロアは塩化ビニール素材で作られているシート状の床材です。
塩化ビニール素材でできているため、水をはじく特徴があります。
耐水性があり、水をこぼしてしまっても簡単に拭き取れるのでトイレや洗面室、キッチンなどの床に向いています。
また、その名の通りクッションフロアには、クッション性もあります。
床が柔らかいため、足腰が疲れにくく体にも良いでしょう。
デザインも様々なので、リビングの床にも最近は使われるようになってきました。
欠点としては、柔らかいため、重い物などを落としてしまったり、長時間置いていたりすると跡が残ってしまう場合があることです。
シート状の床材のため、その他のフローリング材に比べて施工の手間が省けます。
リフォームも簡単に行えるため、比較的に短期間で床のデザインを変えたい方におすすめです。

*コルク

ワイン瓶のイメージがあるコルクですが、床材としても使用される場合があります。
コルク樫と呼ばれる樹皮から作られている素材です。
たくさんの性能がありますが、1番注目されているのは高い弾力性でしょう。
天然のクッションと言っても過言ではないほど衝撃を吸収します。
耐久性や防音性にも優れているため、マンションの防音性を高めるために利用されることも多い素材がコルクです。
冬場で気温が下がる時でも、コルク材が使用された床はヒヤッとしないため足元を冷やしたくない方にもおすすめです。

□フローリングの色の決め方

フローリングの色はカタログだけで判断することは避けましょう。
なぜなら、カタログの色味と実際の色味の感じ方が異なる場合があるからです。
照明の種類によっても印象は変わるため、実際に実物を見てから決めるようにしましょう。
また、フローリングに置く家具やドア、壁紙などとの色のバランスも忘れてはいけません。
何を置く部屋なのかを意識してフローリングの色を決められると良いです。
フローリングの色は、大きく分けてホワイト系、ナチュラル系、ブラウン系があり、ナチュラル系が一般的です。
もっとも失敗のリスクが少ないのはナチュラル系だと言えるでしょう。
そのため強いこだわりがない方は、面積が大きいリビングの場合、ナチュラル系にするのが無難かと思います。

□まとめ

今回は、注文住宅におけるフローリングの種類を紹介しました。
当社では、注文住宅についてのご相談を随時受け付けております。
注文住宅の専門家が、お客様を全面的にバックアップいたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。