ブログ ブログ

年別で選ぶ
2020/01/18

岩手県で注文住宅を考えている方へ|ローンの組み方の流れ、教えます

岩手県で注文住宅をお考えの方はいませんか?
「注文住宅を考えているけど、ローンってどうやって組むのかな」
「住宅ローンってどうやるのだろう」
このように、注文住宅を購入したいけど、ローンの組み方の流れがわからないという方が多くいらっしゃると思います。
住宅を購入する前に住宅ローンについて詳しく知っておきたいですよね。
そこで今回は、注文住宅を購入する際の住宅ローンの流れについて解説します。

 

□ローンの種類

住宅ローンには大きく分けて二つに分けられます。

*固定金利型

ローンの金利が借り入れ時から返済終了時まで変わりません。
金利が変わらないので低金利の時にローンを組めば将来金利が上昇したときも影響を受けずに済みます。
また、返済額が一定なので返済計画が立てやすく、家計の運用もしやすいでしょう。
デメリットとしては、将来に金利がより下がってしまっても、それの恩恵は受けられないということです。
金利が低いときに借り入れるようにしたいですね!

*変動金利型

変動金利型は、返済途中に金利が見直されるローンです。
一般的にはローンの種類では、金利が一番低く設定されています。
金利が下がれば返済額が減り、金利が上がれば返済金額が増えます。
ただ、返済額の変更は多くの場合五年ごとに行われます。
また、変動金利型は、返済額が上がったとしても、前回の125パーセントまでしか上がらないです。
そのため、金利が大きく上がってしまった場合も対処はしやすいです。
ただ、返済額が125パーセント以上の上昇だった場合、125パーセントよりも多い部分は返済不要になるわけではなく次の更新時に繰り越されるので注意しましょう。

 

□ローンの流れ

ローンの流れは次の通りです。

1.土地購入

2.プラン、予算の決定

3.ローン事前審査

銀行による仮審査があります。
審査は1~3週間ほどです。

4.工事請負契約

施工会社に対数契約で、建物の完成の約束と報酬金額の支払いを約束する契約です。

5.ローン本審査

保険会社による審査です。
仮審査よりもより詳しい審査が行われます。

6.住宅ローンの契約

審査に通ると、契約できます。

7.ローンの実行

完工金を支払い、建物が引き渡されます。

 

□まとめ

今回は、注文住宅を購入する際の住宅ローンの流れについて解説しました。
当社では、注文住宅についてのご相談を随時受け付けております。
注文住宅の専門家が、お客様を全面的にバックアップいたします。
興味を持たれた方は、ぜひ一度、当社までお問い合わせください。