ブログ ブログ

年別で選ぶ
2019/11/25

注文住宅のキッチンでの失敗例を紹介します!|岩手の方へ

「キッチンは毎日使うところだから絶対後悔したくない!」
キッチンは住宅を建てる時に悩むことがよくある部分です。
しかし毎日使うものですから絶対失敗はしたくないですよね。
そこでこの記事では新築のキッチンの失敗例を紹介させていただきます。
失敗例を把握することでその失敗を避けられますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

 

□キッチンのよくある失敗例

*照明のスイッチ

キッチンにはいくつか照明がありますよね。
そのスイッチをどこに設置するのかで後悔する方がいらっしゃるようです。
「スイッチで後悔するの?」と思われるかもしれませんが、これが厄介になることもあります。
キッチンには電子レンジや炊飯器などの家電を置くことになるかと思いますが、スイッチが邪魔して置けなかったり、スイッチをいろんな場所に設置しすぎて使い勝手が悪くなったりということが後悔のタネになるようです。
こういった失敗を避けるためにはなるべくキッチン照明のスイッチはまとめるようにしましょう。

*収納スペース

キッチンには調味料や調理器具、食料などたくさんのものを収納しますよね。
収納スペースを設置することになりますが、それに関しても後悔される方が多いようです。
調理している時の家事動線上に収納があり邪魔に感じたり、キッチン家具を置きたかったのにサイズが合わなかったりといった問題がよく起こってしまうようです。
そうならないようにするためにはとにかくキッチンを使っている姿をイメージすることが大切です。
また収納スペースにはそれぞれ何を収納するのか出来るだけ考えておくようにしましょう。

*間取り

キッチンにはいくつか間取りの種類がありますよね。
I字型、Ⅱ字型が一般的で、L字型などもあります。
最近ではアメリカでは一般的なアイランド型キッチンも人気です。
種類がたくさんあるためどのタイプを選ぶのか失敗してしまう人が多いようです。
「I字型にしたけど調理のスペースが足りなかった」のような後悔をしないためにはそれぞれのタイプのメリット、デメリットを把握しておくことが大切です。

 

□まとめ

今回は注文住宅でのキッチンによくある失敗例を紹介させていただきました。
キッチンは毎日使うものですから絶対に失敗したくない場所ですよね。
失敗しないためには失敗例をあらかじめ知っておくことがとても有効ですので、今回紹介させていただいた内容を覚えておくと良いですね。
キッチンや注文住宅に関して少しでも疑問やご相談がありましたらお気軽にご相談くださいね。