ブログ ブログ

年別で選ぶ
2019/11/10

間取りに失敗しないためには?釜石市の注文住宅業者がポイントを解説!

「注文住宅って決める必要があることが多くて失敗しないか不安。」
「間取りで失敗しないようにポイントを教えて!」
マイホームを持とうかと考えてらっしゃる方は多いのではないでしょうか。
しかし注文住宅では、間取りを自分で決める必要があります。
そのため、住み始めて不便に感じるような設計にしてしまうのでは、と不安に思いますよね。
そこで今回は、釜石市の方へ、間取りの実際の失敗例や失敗しないためのポイントをご紹介します。

 

□間取りの失敗

*リビング

・家具が大きすぎた
部屋の大きさと配置する家具の大きさが合わなかったという失敗例があります。
このような場合、家具が大きすぎて通路が狭くなり、移動しづらくなるという問題が発生してしまいます。
あらかじめ設置したい家具が決まっている場合は、家具の大きさを担当の専門家に伝えるようにして、必要な空間を確保しましょう。

・吹き抜けの失敗
吹き抜けを作ったはいいが、2階のスペースが狭くなってしまったという失敗も存在します。
家庭の構成人数から、どのくらいの部屋や面積が必要なのかを定めておきましょう。

*水回り

・浴室の場所
浴室をリビングの隣に設置したため生じた失敗があります。
それは、プライベートにいく際に必ずリビングを通らなければならないという点です。
年頃の娘さんがいる場合は、薄着でリビングを通らなければならないことに対して抵抗を感じる人もいらっしゃいます。

*その他

・コンセント
コンセントが足りない、ほしい場所にコンセントがない、という失敗がよく生じます。
現在使っている家電の数を把握するとコンセント数の失敗は予防されます。
またコンセントの場所に関しては、あらかじめ家電を設置する場所まで考慮するようにしましょう。

・照明スイッチ
スイッチの場所がドアで隠れてしまう場所にあり、つける際に面倒になるということがありえます。
スイッチの場所は、動線上の使いやすい場所に設置するよう心がけましょう。

 

□まとめ

今回は、注文住宅の間取りに関しての失敗例についてご紹介いたしました。
それぞれの失敗をしないために、どのような点に注意すべきかご理解いただけたでしょうか。
間取りは考慮しなければいけない点が多くありますが、ぜひこの記事を参考に失敗しない間取り作りを目指してくださいね。
とはいえ、注文住宅の建築で不安に思う方もいらっしゃるでしょう。
当社では、専門家がお客様を全面的にサポートし、最適なプランをご提案いたします。
注文住宅をご検討の方は、ぜひ当社までお問い合わせください。