ブログ ブログ

年別で選ぶ
2019/10/11

釜石市の方必見|注文住宅の玄関で収納はどうすべきか解説します!

「玄関の収納で気をつけるべきことはなんだろう。」
「玄関が靴で散らかった空間になるのは避けたいな。」
注文住宅の購入をご検討の際、玄関の収納で何を意識したらいいのかわからず、頭を悩ませる方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、玄関の収納において失敗しないためのポイントを解説します。

□家族と生活スタイルを見つめなおす

家族と今後の生活スタイルを見つめなおすことは、住宅に必要な玄関収納がどのようなものか認識するために重要な作業です。
家族全員が納得できる住宅にするためにも、しっかりと話し合うことをおすすめします。

□玄関収納の設置パターン

玄関収納の設置パターンは大きく3つに分けられます。

*玄関土間に設置する場合

玄関土間に収納を設置する場合、靴を玄関ホールにあげる必要なく収納できるのがメリットです。
しかし、収納が玄関土間にあるとき、収納から必要なものを取り出す際に足が汚れてしまうのでスリッパなどの履物を用意しておく必要があります。

*玄関ホールに設置する場合

玄関ホールに収納を設置すれば、収納から必要なものを取り出す際に足が汚れる心配がないです。
また、玄関土間のスペースが広く確保できるので、傘立てや観葉植物を置けるのもメリットです。
ただし、靴を収納する際、玄関ホールに靴をあげなくてはなりません。

*玄関土間と玄関ホールの中間に設置する場合

中間に収納を設置する場合、上記2つで述べたメリットを同時に確保しつつ、デメリットを排除できるので非常にバランスの良い配置です。

□収納のサイズ

人によって、少ない靴だけを収納するだけの場合や、所有している靴が多く、アウトドアグッズなど多くのものを収納したい場合などさまざまな状態が考えられます。
広い収納が必要な場合、シューズインクローゼットやビルトインガレージと直結した玄関にするなど収納以外の方法で収納する方法も考えられます。
自分の生活スタイルに一番適した収納を選んでみましょう。

□まとめ

今回は、玄関の収納で失敗しないためのポイントを解説しました。
玄関は靴が散らかりやすい場所なので、すっきりした空間を作り出すために収納を考えることは非常に重要なことです。
当社は釜石市を拠点とした会社であり、最新の技術と今まで培ってきた経験を活かしてよりよい社会の実現を目指して日々努めています。
また、お客様に満足していただけるよう、丁寧な接客を心がけています。
何かわからないことがあれば、お気軽にご相談ください。