ブログ ブログ

年別で選ぶ
2019/10/07

釜石市にお住いの方に!注文住宅にエアコンを取りつける際の注意点を解説します!

「注文住宅でエアコンを取り付ける際に注意すべきことがあれば知りたい。」
「エアコンの選び方や設置位置の決め方を知りたいな。」
注文住宅でエアコンを取り付ける際、機種の選び方や設置位置を悩む方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、エアコンを注文住宅に取り付ける際に注意すべきことを解説します。

□エアコンの選び方

エアコンを選ぶ基準は大きく分けて2つあります。

*適切な出力が出せるものを選ぶ

木造住宅と鉄筋コンクリート造りの住宅で冷房の効き方が異なるのはご存じでしょうか。
住宅に使われている建築材によって適したエアコンはそれぞれ異なります。
自分の住宅にあったものを選びましょう。

*自動送風機能つきのエアコンを選ぶ

エアコン内部にカビが生えていたという経験をお持ちの方はいらっしゃいませんか。
カビが内部に発生する要因は結露が原因です。
これを解消してくれるのが送風機能です。
送風のおかげで結露が発生しにくくなります。
また、送風を忘れてしまうことがあると予想されます。
自動送風機能はその悩みを解決してくれるので非常にオススメです。

□エアコンの設置位置

エアコンを設置する際、室外機の設置位置も決める必要があります。

*エアコンの設置位置

・配管穴より高い場所に取り付ける

エアコンは、配管穴を通して水を放出します。
これを意識していないと、水が逆流してしまうので気をつけましょう。

・エアコン周辺の間隔を確保する

室内機周りに間隔がないと、室内機が取り込む空気量が減ってしまいます。
エアコン周りの四辺は5センチほどスペースを空けましょう。

*室外機の設置位置

・室内機の近くに設置する

エアコンは、室外機で冷えた空気を生み出して室内機から部屋に送り込んでいます。
部屋を効率よく冷やすには、室内機と室外機を近づけるほど良いです。

・地面に置く

室外機は不快に感じる方も多い、低周波ストレスを放出しています。
地面に室外機を置いておけば、低周波ストレスを吸収してくれるので非常にオススメです。

□まとめ

今回はエアコンを注文住宅に取り付ける際、注意すべきことを解説しました。
注意すべきポイントは多いですが、要点を抑えれば満足いく注文住宅が仕上がることでしょう。
当社は釜石市を拠点とした会社であり、最新の技術と今まで培ってきた経験を活かしてよりよい社会の実現を目指して日々努めています。
また、お客様に満足していただけるよう、丁寧な接客を心がけています。
何かわからないことがあれば、お気軽にご相談ください。