ブログ ブログ

年別で選ぶ
2019/09/25

釜石市にお住まいの方へ|注文住宅の床材の種類について詳しく解説します!

「注文住宅の床材は何にしたら良いのかな。」
「床材に使われている材質ごとの特徴が知りたい。」
注文住宅をご購入の際、床材をどうすべきか悩む方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、注文住宅の床材について解説します。

□フローリング

フローリングの特徴は、どんな家にもマッチすることです。
木材を加工したものや天然の木を使用したもの、模様が印刷されたものがあります。
耐水性が高く、掃除をしやすいのがメリットです。
肌触りがよく、温かみを演出できるのが人気な理由となっています。
メリットがたくさんあるフローリング材ですが、天然の木の場合、割れると補修が必要なので注意しておきましょう。

□コルク

コルクは耐久性や断熱性、耐水性が非常に優れた材質です。
コルクはしばしばキッチンや洗面所で使用されています。
吸音性や弾力性があるので、お子様がいるご家庭にもオススメです。
一方で、傷に弱いので、ボロボロになった場合は補修が必要になるのがデメリットです。

□タイル

タイルは傷に強く、掃除をしやすいのがメリットです。
ただし、タイル自体滑りやすい材質なので滑りにくい加工が施されたものを選ぶと良いかもしれません。
また、触ると冷たく感じる材質なので床暖房を導入するなどの工夫が必要です。

□カーペット

カーペットは、色や素材が豊富なのが人気な理由となっています。
ただし、繊維質でありダニが付着しやすく、汚れやすいので他の材質に比べて掃除する回数が増えることは知っておかなくてはなりません。

□石

石目調の床はとにかく高級感を演出できるのが最大のメリットです。
吸水性が高く、汚れやすいのがデメリットです。
また、他の材質に比べて費用が高いので注意が必要です。

□畳

畳は日本人になじみの深い素材であり、肌触りも良いので快適に感じられる素材です。
和を演出でき、適切な湿度を保ってくれますが、メンテナンスに手間がかかることは知っておかなくてはなりません。

□まとめ

今回は、注文住宅の床材について解説しました。
床材に使われている材質はたくさんあるので、自分が求める機能を備えた材質を選びましょう。
床材をご検討の際は、本記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。
当社は釜石市を拠点とした会社であり、最新の技術と今まで培ってきた経験を活かしてよりよい社会の実現を目指して日々努めています。
また、お客様に満足していただけるよう、丁寧な接客を心がけています。
何かわからないことがあれば、お気軽にご相談ください。