ブログ ブログ

年別で選ぶ
2019/08/21

釜石市にお住いの方必見!注文住宅における窓の選び方とは?

「釜石市で注文住宅を建てたいけど、どうやって窓を選べばいいのだろう?」
このように、注文住宅を建てる際にどのようにして窓を選べばいいのかわからない方はたくさんいらっしゃると思います。
せっかく家を建てるなら、窓にもこだわりたいですよね。
そこで今回は「窓選びのポイント」をご紹介します。

□窓選びのポイントをご紹介します

注文住宅を建てる際にどのようにして窓を選べばいいのでしょうか?
大きく分けて5つのポイントがあるので、それぞれ順番に見ていきましょう。

*断熱や気密性

窓のサイズが大きいと断熱性と気密性が下がり光熱費が高くなります。
新しく窓を取り入れる際には、二枚のガラスの間に乾燥空気が入った複層ガラスがおすすめです。
防音や断熱の性能が高い窓は、空気ではなくアルゴンガスや特殊な金属膜が入っています。
ガラスだけでなく、サッシやシャッターなども性能の高いものを取り入れると、防音効果や断熱効果が高まります。

*光を採り入れる

一般的に高い位置に窓を設置した場合、部屋の奥まで光が差し込みますが、照度は弱いです。
また、細くて縦長の窓は、照度は強いですが範囲が狭いです。
日当たりが良い場合は明るいだけでなく冬の寒さも軽減できるでしょう。
自然光が十分に差し込めば日中は電気を使う必要がないので電気代の削減に繋がります。

*眺望

部屋から見える眺望は重要ですよね。
最初から高い土地にある場合は、その眺望を最大限に生かすよう設置するべきでしょう。
近くにゴミ捨て場があればその方向には窓を少なくする、曇りガラスを設置するなどのような工夫をするべきです。

*風通し

風通しを良くするため一部屋に最低2つの窓を設置しましょう。
近年は気密性と換気性能が高い住宅が増えています。
窓を開けなくても新鮮な空気が部屋に入ってきて汚れた空気や悪臭は室外に出る住宅もあります。

*デザイン性

窓のデザインは家の外観を印象付ける大事なツールです。
窓は外観のデザインを考慮して配置しましょう。
外壁の色にサッシの外側の色を組み合わせることで、統一感を出せます。

□まとめ

今回は「窓選びのポイント」をご紹介しました。
ご紹介した窓選びのポイントを参考にして適切な窓を選びましょう。
当社は、主に新築工事やリフォーム、太陽光発電の設備を行なっています。
建築後はお客様の安心のため、保証から点検まで実施しています。
機能性とデザイン性の両方で優れた注文住宅をお考えの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。