ブログ ブログ

年別で選ぶ
2019/07/19

釜石市の方に注文住宅の外壁の色について詳しく解説します!

「注文住宅を検討中だが外壁の色で悩んでいる」
「色の種類や選び方について知りたい」

このように思ってらっしゃる方は多いのではないでしょうか。
今回は、そんな方向けに注文住宅を建てる際の外壁の色の選び方や注意点について詳しく解説します。

□色の選び方

外壁の色を選ぶ際のステップがいくつかあるので紹介します。

*イメージを固める

外壁の色を選ぶ際は色の好み以外にも、その色がもたらす効果やご自身のライフスタイルも考えなければなりません。
業者との相談をスムーズに進めるためにも、早めに色のイメージを固めておきましょう。

*カラーシミュレーション

どうしても色のイメージができない方は、カラーシミュレーションを使う方法もあります。
カラーシミュレーションは、施工前に業者専用のソフトを使って外壁に色を合わせてシミュレーションできます。

*写真を撮る

色で悩んでいる方は、自宅の外壁や近隣住宅の写真を業者に見せることをおすすめします。
なぜなら、業者が街並みに馴染む色やその住宅に似合う色を選んでくれる場合が多いからです。

□色の種類

色によって特徴がありメリットやデメリットがあるためそれぞれ紹介します。

*ブラック

ブラック系の色は汚れが目立ちにくかったり、高級感があったりするためとても人気の色です。
しかし、夏の強い日差しによって外壁の温度が高くなり、室内の温度も上がってしまいます。
また、ブラックは太陽光に含まれる紫外線に弱いため劣化が早いと言われています。
さらに、砂やホコリなどの白い汚れが目立ちやすいデメリットもあります。

*ホワイト

ホワイトは清潔感があり長年人気の色であるためどんな住宅にも馴染みやすいでしょう。
また、色の性質で建物を大きく見せる特徴があります。
しかし、雨に含まれる砂や汚れが付着すると目立ちやすいデメリットがあります。

*ベージュ

ベージュは比較的汚れが目立ちにくく、無難な色であるため、周りとの調和を気にする必要がありません。

*赤黄緑などのその他の色

赤黄緑などの色は個性的でおしゃれな色ですが目立ってしまいます。
特に、住宅地にお住いの方がこれらの色を選ぶと、景観を乱してしまい近隣住民とのトラブルにつながる可能性があります。
したがって、周りのことを考慮して、慎重に色を選ぶことをオススメします。

□まとめ

今回は、注文住宅を検討中の方に向けて外壁の色の選び方や注意点について解説しました。
色だけではなく、その色がもたらす効果について知っておくことが大切です。
何かご不明な点がございましたらお気軽に当社にお問い合わせください。