ブログ ブログ

年別で選ぶ
2019/07/15

釜石市で注文住宅を検討中の方に床の色について解説します!

「注文住宅を建てたいけど、床の色で悩んでいる」
「色によって何が違うの?」

このような疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか。
今回は、そんな方向けに注文住宅を建てる際の床の色の選び方と色ごとの特徴や注意点を詳しく解説します。

□色の選び方

床の色を選ぶ際は、カタログなどを見て決めるのではなく、色のメリットとデメリットを把握する必要があります。
ここでは、色ごとにメリットとデメリットをご紹介します。

□ホワイト系

ホワイト系の色は清潔感があり、昔から人気の色です。

*メリット

ホワイト系の色は光を反射する効果があるので、部屋全体に明るい印象を持たせられます。
そのため、部屋の本来の広さよりも広く見せられるでしょう。
また、ホワイト系の床にするとホコリが目立ちにくくなったり、どの家具との相性も良かったりするメリットもあります。

*デメリット

ホワイト系は、ゴミや髪の毛が落ちていると目立ちやすいです。
したがって、綺麗好きの方は頻繁に掃除をする必要があります。
しかし、最近は自動で掃除をしてくれるお掃除ロボットがあるため、このようなデメリットをカバーできるかもしれません。
また、テーブルや椅子などの家具によってできた傷が目立ちやすいデメリットもあります。

□ブラウン系

ブラウン系の床が最も人気で定番の色ではないでしょうか。

*メリット

ブラウン系の床は、ゴミが落ちていても汚れがついてもほとんど目立ちません。
掃除を頻繁にするのを面倒に感じる方は、ブラウン系の色が良いのかもしれません。
また、部屋全体に落ち着いた印象を持たせられるのでオススメです。

*デメリット

ブラウン系の色は人気であり、定番であるために安っぽく見られてしまう場合があります。
部屋にこだわりがあり、高級感を大事にしたい方はブラウン系の色を避ける方が無難かもしれません。

□ブラック系

*メリット

ブラック系は暗いため、部屋全体を落ち着いた雰囲気にできます。
また、床の傷や汚れ、落ちた髪の毛などが全くと言っていいほど目立ちません。

*デメリット

色が暗いために家具との組み合わせによっては、部屋が重たい雰囲気になる場合があります。
また、白いゴミやホコリがかなり目立ちやすいです。
さらに、ブラック系の色には物を小さく見せる効果があるため、部屋が小さく見られてしまう可能性があります。

□まとめ

今回は、注文住宅を検討中の方向けに床の色の選び方や特徴について解説しました。
直感的に好みの色を選んでしまうと、自分のライフスタイルに合わないことになりかねないので、色ごとの特徴を知っておきましょう。
何かご不明な点がございましたらお気軽に当社にお問い合わせください。