ブログ ブログ

年別で選ぶ
2019/07/11

釜石市の方に注文住宅の内装の塗り壁について解説します!

「内装を塗り壁にしようか迷っている」
「内装の種類について知りたい」

このように思ってらっしゃる方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、そんな方向けに注文住宅を建てる際に内装を塗り壁にするメリットとデメリットを詳しく解説します。

□塗り壁

塗り壁には、主に珪藻土と漆喰と呼ばれるものがあるので紹介します。

*珪藻土のメリット

珪藻土のメリットは、高い調湿性能が挙げられます。
珪藻土は、水分を吸収したり放出したりする効果があるので、湿度を一定に保ってくれます。
完成後の表面がでこぼこしている特徴があり、これに水分を貯めて湿度を調整しています。
また、水分を吸収する際に匂いも吸収するため、消臭効果があると言われています。

*珪藻土のデメリット

水分を吸収して湿度を調整するというメリットがありますが、水汚れが取れにくいというデメリットもあります。
泥水や料理の汁をこぼしてしまうと汚れが取れにくいため、珪藻土を使う場合は場所を考慮しなければなりません。

*漆喰のメリット

漆喰は抗菌性能が高いと言われており、綺麗好きの方におすすめの素材です。
完成後の表面は、滑らかで手触りが比較的良いです。
また、燃えにくく火災に強い上に防音性が高いとも言われています。

*漆喰のデメリット

漆喰のデメリットは匂いともろさが挙げられます。
漆喰を使った塗り壁は、完成して間もない頃は独特な匂いがします。
また、衝撃を与えると傷が入ることがあるそうです。

□タイル

*メリット

タイルのメリットは高い耐久性、汚れにくさ、デザイン性の高さです。
地震が起きても壊れにくく、汚れにくいため台所やトイレなどの水回りに使われることが多いです。
また、タイルを様々な色同士で組み合わせたり、自分が好きな模様を選んだりできるため非常にデザイン性に優れています。

*デメリット

タイルは、比較的高価であるため壁全面に貼ろうとするとコストがかかります。
そのため、予算を少なく抑えたい方にはあまりおすすめしません。

□クロス

*メリット

クロスは比較的価格が安く汚れが落ちやすいです。
もし汚れてしまっても洗剤を使って汚れを落とすことができます。

*デメリット

デメリットは施工の難しさと剥がれやすさです。
施工によってはクロスとクロスの間が目立ってしまうことがあります。
また、強い力が加わると剥がれてしまうこともあるそうです。

□まとめ

今回は注文住宅を検討中の方向けに内装の塗り壁について他の素材と比較しながら解説しました。
コスト面と機能面のバランスがいいので、どの素材にしようか迷っている方は塗り壁にすることをおすすめします。
何かご不明な点がございましたらお気軽に当社にお問い合わせください。