ブログ ブログ

年別で選ぶ
2019/06/21

釜石市で注文住宅を検討中の方へ税金について解説します!

「注文住宅を建築する際の税金の種類が知りたい」
「税金がどのくらいかかるのか分からない」

このように思ってらっしゃる方は多いのではないでしょうか。
今回は、そんな方向けに注文住宅を建てる際にかかる税金について詳しく解説していきます。

□建てる際の税金の種類

注文住宅を建てる際の税金は、何種類かあるので項目に分けて紹介します。

*印紙税

印紙税とは、注文住宅を建てる際に、必要な契約関係上の書類に対しての税金です。
その書類に書いてある金額に対して課税額が決定されます。

*登録免許税

登録免許税とは土地を買ったり、建物を建てたりする際の登記や権利上の問題で発生する税金です。
土地の面積が小さければ税が軽減される場合もあるそうです。
登記には、表示登記、所有権保存登記、所有権移転登記、抵当権設定登記などがあります。
これらは、住宅を建てる時にかかる税金です。

*消費税

消費税は、注文住宅を建てる際にも発生します。
注文住宅を建てる際にかかった費用に対して8%課税されます。
しかし、消費税は建築費や仲介費用に課税されるため土地代は課税対象になります。
今後消費税が上がるようなことがあれば、不動産を購入するハードルが上がるかもしれません。

*不動産取得税

不動産取得税とは、不動産を購入したり、譲渡したりした際に都道府県から課される税金です。
課される税金の額や納税期間は各都道府県によって違います。

*贈与税

贈与税とは、注文住宅を建てる際に資金の贈与を受け取って、その額がある一定の額を超えた際に発生する税金です。

□建てた後にかかる税金

ここまで住宅を建てる際の税金ついてご紹介しましたが、建てた後にかかる税金についてもいくつかご紹介します。

*固定資産税

不動産を購入したら毎年固定資産税を払わなければいけません。
固定資産税は、資産評価額によって決まり、住んでいる市町村によって違うので覚えておきましょう。

*都市計画税

都市計画税とは、不動産の購入後に市町村から書類が送られ、それに従って支払う税金です。
その名の通り、納めたお金は都市計画のために使われます。

□まとめ

以上、今回は、注文住宅を検討中の方向けに注文住宅を建てる際にかかる税金をいくつか紹介しました。
都道府県や市町村によって課せられる税金の額や納税期間が違うので、資金計画を建てる際は確認しておくことをおすすめします。
注文住宅について何かご不明な点がございましたら、当社にお気軽にお問い合わせください。