ブログ ブログ

年別で選ぶ
2019/06/06

注文住宅で今話題のZEH住宅とは?メリットや特徴についても紹介

注文住宅を考えるときに、何を重視しますか?

おしゃれな外装や間取りの広さ、機能性などを考える方が多いと思います。

マイホームを購入すると、そこに長く住むことになります。

そうなると、高熱費や電気代のランニングコストについても検討したいですよね。

近年はZEH住宅というものが話題になっています。

注文住宅の相談をしている方はよく耳にしたことがあるのではないでしょうか。

そこで今回は、ZEH住宅の特徴とメリットについて紹介します。

 

□そもそもZEH住宅とは?

ZEH(ゼッチ)住宅の「ZEH」とは「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略称です。

家の断熱機能を向上させたり、太陽光パネルを取り付けたりすることで、消費するエネルギーを全て自宅で

賄おうとする住宅のことです。

余った電力は売ることで、収益化することもできるでしょう。

 

□ZEH住宅の特徴は?

一般的な家とは違い、省エネに特化しているのがZEH住宅の特徴です。

例えば、照明をLEDにしたり、間取りを変えることで空調の使用頻度を抑えたりといった工夫がされています。

具体的な設備としては、最新の給湯器や照明が必要です。

他には、高性能の断熱材と太陽光パネルなどを導入します。

これらの設備投資で基準となる省エネルギー基準を上回ると、ZEH住宅の認定を受けることができるでしょう。

 

□ZEH住宅のメリット

ZEH住宅にするためは多めの初期費用が必要です。

設備をグレードアップするので、仕方ないかもしれません。

しかし、省エネ住宅ならではのメリットが得られます。

 

*災害に強い

日本は災害大国として知られています。

実際に、東日本大震災では多くの家庭で長期にわたって停電が発生しました。

ZEH住宅は家庭内の電力を自ら賄うので、電気が止まっても異常なく生活できます。

 

*快適な生活環境を築ける

ZEH住宅は高性能の断熱材を使用しているので、夏は涼しく冬は暖かくなります。

エアコンを使う必要がないので、空調が原因の体調不良を防いでくれるでしょう。

寒暖差が小さいので、ヒートショックのリスクも抑えられます。

 

□補助金が出る

ZEH住宅は設備導入の関係で初期費用が必要ですが、国から補助金を受け取ることで費用が

膨らみ過ぎずに済みます。

補助金を受け取るには条件を満たさなければいけません。

確実に受け取るために、不動産会社に相談してみましょう。

 

□まとめ

今回はZEH住宅の特徴とメリットについて紹介しました。

将来的なコストを考えると、ZEH住宅にシフトした方がお得かもしれません。

今後は省エネ住宅が推奨されていきます。

これからマイホームを考えている人は、一度検討してみてはいかがでしょうか。