ブログ ブログ

年別で選ぶ
2019/04/10

注文住宅を建てるご夫婦必見|家族が快適に過ごせるおすすめの間取り

「注文住宅を建てたいけど、間取りを自分で考えるのって難しい」

「私たち家族には、どんな間取りが合っているのだろう」

家族によって適した間取りの形は異なります。

注文住宅の間取りを考えるとき、自分たちの家族や生活スタイルには、どのような間取りが適しているのか

迷いますよね。

そこで今回は、家族構成ごとにおすすめの間取りをご紹介します。

□二世帯住宅におすすめの間取り

核家族化が進む現代でも、二世帯住宅を検討している方もいらっしゃるでしょう。

しかし、その中でも多くの方が親世帯と仲良く生活できるか不安を感じているようです。

二世帯住宅の場合、以下の3つの間取りが存在します。

*完全同居型

この間取りでは、寝室以外の空間を親世帯と子世帯で共有します。

世帯の間で生活する時間帯にあまり差がない場合に、おすすめの間取りです。

一緒に食卓を囲むことで、家族間の交流の機会が増えて、にぎやかで楽しい家庭になりそうです。

*部分共用型

この間取りでは、浴室や玄関などの設備を共有しつつ、生活スペースは分けています。

世帯の間で生活する時間帯が違う場合は、お互い気を遣わずに済むのでおすすめです。

プライバシーを適度に保てることもおすすめのポイントです。

*完全分離型

この間取りはマンションの隣で生活するようなイメージです。

すぐにそばにいるので、会いたいときにすぐ会いに行けますが、お互いに干渉しない暮らしが実現できます。

このような生活を望まれる方にはおすすめの間取りです。

□子育てにおすすめの間取り

*回遊動線

行き止まりがなく、家の中を回ることができる動線を回遊動線と言います。

お子さんがいるご家庭は、家事はもちろん子育てにも追われ、忙しくなると思います。

回遊動線なら、人の行き来がしやすくなるだけでなく、家事の動線もよくなります。

また家族の存在を感じやすくなるので、ご両親もお子さんも安心できそうです。

*キッチンを家の中心にした間取り

お子さんが小さい間は、家事をしていても目を離さずにいたいものです。

お母さんが家の中で多くの時間を過ごすキッチンとリビングやダイニング、階段をつなげて

見通しをよくすれば、キッチンで家事をこなしながらお子さんを見守ることできます。

これなら親子ともに安心ですね。

お子さんが大きくなっても、顔を合わせる機会が多くなり、交流が増えることも期待できます。

□まとめ

今回はそれぞれの家族構成の場合に、おすすめしたい間取りをご紹介しました。

当社のようなアトリエ建築家はプロの視点からお客様のご要望に合わせたアドバイスを行います。

希望はあっても、具体的にどのような間取りにするか迷っている方は、ぜひ一度当社にご相談ください。