ブログ ブログ

年別で選ぶ
2019/03/17

注文住宅のおすすめの間取りってあるの?理想の家を建てましょう!

「ある程度の理想はあるけれど、他にも良い選択肢があるのかも・・・」

注文住宅の間取りに悩まれている方は少なくないでしょう。

後から変更することも不可能ではないですが、お金のことを考えると建てる時に済ませてしまいたいですよね。

そこで今回は、注文住宅における、おすすめの間取りをご紹介します。

 

□キッチン

リビングやダイニングと対面になったキッチンをおすすめします。

お子様がいるご家庭なら、料理や片付けの最中でもリビングで宿題をしているお子様の様子を確認できたり、配置によってはテレビを見ながら作業したりすることができるのです。

なにより、リビングでの会話に加われるのが一番の利点ではないでしょうか。

また、対面だけではなく、ダイニングと横並びにキッチンを配置するのもおすすめです。

動線が横の一直線で済むため、料理の配膳と片付けがとてもラクに済ませられます。

キッチンは匂いが気になりますが、配膳や片付けといった生活に必要な動線を意識することも大切です。

理想の機能、設備だけでなく、生活した時の動きについても考えて間取りを設計してください。

 

□和室

一度、リビングに和室を設けた間取りを考えてみましょう。

間仕切りの引き戸を設ければ、開いているときには空間を広く演出でき、閉じれば独立した空間として多種多様な扱いができます。

ベランダと繋げれば急な来客が来ても対応できる客間にできるうえ、夏はエアコン、冬は暖房やこたつによって時間をかけずに快適な空間にすることができるのです。

和室と言うと間仕切りを設けるイメージがありますが、小上がりにする設計もおすすめします。

リビングと空間を切り離すことはできませんが、リビングを広く見せられる上、雰囲気の違いによって、それぞれの空間の良さを引き立たせることができるのでしょう。

小上がりの和室の最大の利点は段差を有効活用できることです。

冬用のカーペットや使用する頻度は少なくないが収納する場所に困るような物を収納スペースとして、利用することができます。

間取りを考える上で、収納スペースに時間を割いている方もいらっしゃるでしょう。

空間を設けるのではなく、小さな隙間を見つけて、そこを利用してみてはいかがでしょうか。

 

□まとめ

今回は、注文住宅におけるおすすめの間取りをご紹介しました。

間取りというものには正解がありません。

一家庭ごと、ライフスタイルごとに適切な間取りがあるのです。

当社には皆さんの希望を活かした上で間取りに設計を落とし込むアトリエ建築家がいます。

彼らのアドバイスも参考にして、皆さんの夢を叶えませんか。